メンバーズブログ

小さなギモン調べてみました!

建築・不動産から言葉のトリビアまで、仕事の中で見聞きした小さなギモンを調べて報告していきます。

マグロの頭

本日、7月7日と言えば、「七夕」なのでしょうが、
仙台七夕は8月なので、まったくピンときません。

しかも今年は、七夕祭りも中止が決定しています。
その他、各地イベントも中止が多い上、
ここにきて、また、第2波の心配が・・・?

地元・近場のイベントさえも自粛では、
遠出など、本当に、まだまだ難しいのでしょうか?

このページの右側の
「この記事を書いた人」の私の紹介のところに書いてあるように、
私、「旅行好き」です。

ですが、この数か月、自宅と会社の往復以外は、
週に1度、食料品の買い物に行くくらいで、
もう本当に出かけていません。

如何に近所しかウロウロしていないかは、この数か月のブログに書いたとおりです。
もちろん、宮城県はおろか、仙台市からだって一歩も出てません。

それでも、まだ、不要不急の遠出は我慢、我慢、
前回ブログの野口英世先生を見習って「忍耐だ」と頑張っていましたが、
先日、数か月ぶりに仙台市を出て、
食料品の買い物にかこつけて、多賀城市にチラッと行かせていただきました。
(って、となりの市だし、宮城県内だし、車移動だし、マスクもしたし。)

で、行き先はここ。
スーパー.jpg
一応、色々配慮して、名前と場所は伏せますが、
TVでも紹介されたことのある、いわゆる「激安スーパー」です。


「多賀城で一番安い!」と言い切る「弁当 250円」の他、
「キャベツ 1玉 99円」とか
「500mlペットボトル飲料 48円」とか

「サラダ菜 10円」とか
「プリン 10円」とか。
(全て税別)


確かに色々とお安くて、見て回るだけでも楽しいのですが、
今回の話題は、そこではなくて、
そこで売られていた、こちらの方。
DSC_0510.JPG
マグロの頭です。

頭を切り落としたものが、まるごと、無理やり発泡トレーに乗って、
というよりは、トレーを頭にラップで無理矢理くっつけているだけの状態で、
棚の一番上に並んでいました。しかも2個。
(・・・アタマだけの場合、2匹っていうのでしょうか?それとも2アタマ?
 さすがに2切れ、っていうサイズ感ではないです。)

値札には「太平洋産マグロカマ」って、書いてあります。
比較対象品がなくてわかりにくいかもしれませんが、相当デカイです。
口の先から首?の切れているところまでで、60cm以上はあります。
少なく見積もっても4~5kgぐらいありそうです。
でも、価格は599円(税別)。

ここは、確かに「激安スーパー」ではありますが、
それにしても、この価格って、どうなのか?
そもそも、「マグロの頭」って、スーパーで売ってるほど、
ポピュラーなものなのか?
と、そのあたりが気になりまして。


とりあえず、ネットでのHIT数を見てみました。
比較の為「マグロの頭」以外に「カツオの頭」も。
また「マグロ」「カツオ」と「頭」を含めないワードでも。
それぞれ、普通に検索した場合の他、画像検索数、レシピ検索数
の3項目でHIT数を見て、表にしたのがコレ。マグロ表.jpg
一応付け加えますが、
「カツオ」や「カツオの頭」には、海洋生物名の家族による国民的アニメの、
あのキャラも、当然のように含まれて(しまって)います。

こうして見ると、「マグロの頭」は、
画像としては、「マグロ」だけのものの2倍、
「カツオの頭」の3倍も公開されています。

しかも「マグロ」でHITする記事数よりも、
「マグロの頭」の画像の方が多いという結果に。

レシピでさえ、112万って。

これだけ見れば、想像以上に、皆さん、目にしているのですね、
「マグロの頭」
私は、海鮮市場以外では、初めて見たんですけどね。

いや、ていうか、、逆に珍しいから、みんなが写真を撮り、
WebにUPするからこうなっている、という分析の方が、
正しいかもしれませんね。

もしかして、この現象って、マーケティング的にも
何かを示唆してるのかも。
「珍しいモノ」よりも「珍しいと感じられるモノ」
「全体」よりも「部分をクローズアップしたモノ」
の方が注目を浴びるという・・・・


と、こういうことに関しては、
当組合員の専門家の方々の分野なので、
私がどうこう言えることではありませんが。

話しを戻します。

さらに「マグロの頭」の検索結果を色々見てみますと、
結構、スーパーで売ってた、という話は出てきますし、
当然のように、通販もしていました。

なので、やはり、割とポピュラーな食材のようなんですよ、
「マグロの頭」

でも、価格的には、
上記画像の物の半分位のサイズの冷凍もので1,800円(税・送料別)位~。
上記画像よりも一回り小さいくらいのサイズを、
「マグロ解体ショー」が開催されたスーパーでGETしたという記事で、
1,500円(税別)と出ていました。

・・・・
599円って、安すぎないか?

でも、まぁ、買って帰っても、そうそう料理できないですし、
そもそも、解体するのも難しそうだし・・・・・


と、思ったら、ネットで検索すると、
図入りの解体の仕方も出てくるし、
YouTubeでは動画でも紹介されてました。

しかも、頭には、
「目玉」だの「脳天」だの「ほほ」だの と、
食べられる美味しい希少部位がかなりあるらしく、
解体さえできれば、
例え2,000円でも相当お得らしいとの事。

う~ん、やっぱり買うべきだったのだろうか?

この記事を書いた人

斉藤 一則

斉藤 一則(株式会社マイザ)

事業企画担当。
遊休地や低利用建物の効率化提案から賃貸管理・リフォームサポートまで、建築・不動産関係が専門。
旅行好き。

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ