小さなギモン調べてみました!

建築・不動産から言葉のトリビアまで、仕事の中で見聞きした小さなギモンを調べて報告していきます。

もちろん、誰でも、せっかく口にするものならば、
美味しいものを食べたいに決まっています。

にもかかわらず、
「美味しくない!」「まずい!」ということを、
あまりに強調されると、いわゆる「怖いもの見たさ」で、
つい、興味をもってしまう事って、あったりしますよね。

かつて、「まずい!」を強調して有名になったものと言えば、
北海道の「ジンギスカンキャラメル」ではないでしょうか?

今でも人気の様で、一時期、ちょっと美味しく改良したら、
不評を買い、元の味に戻したという逸話があるそうで。

ジンギスカンと言っても、羊肉は入っていません。
私も食べたことはありますが、何とも言えない味で、
もう、ネタ、としての価値だけのようにも思えます。


最近では、
「たこ焼きようかん」と言うのが、有名なようで、
あまりのまずさに「被害者の会」も結成されたとか、なんとか。

いくら、「たこ焼き」関連商品が売れると言っても、
甘いものとコラボさせるのは、やはりどうか、と。

こちらも、さすがに「たこ」は入っていませんが、
白あんと、ソースと、青のりって、なんで一緒にしたかなぁ。

でも、やっぱり売れているそうですよ。

そうそう、そういえば、先月の話ですが、
バレンタインに合わせて、こんなものも売られていました。

image1.JPG

これ、普通にお湯を入れて、お湯を捨て、
出来上がった麺に、特製のチョコレートソースをかけて食べるという、
かなり衝撃的な、「甘い焼きそば」です。

作っては見ましたが、私は元より、
かなり甘いもの好きの、うちの嫁さんも
完食できませんでした。

だって、食感はインスタント焼きそばのままで、
チョコレート味、って、ねぇ。


こういった商品ではなくて飲食店でも、
「日本一まずい!」を売りにしているお店は、
そこそこあったりして、
それこそマスコミで紹介されたりすることで、
わざわざ「まずい」を体験しに行く酔狂なお客さんが増え、
繫盛しちゃったりという事も有るようで。

そういえば、かつて私が勤めていた会社の近くにあった
中華料理屋のラーメンもまずかったなぁ。
お湯で薄めた醤油に、のびた麺、味の無いチャーシュー、なると、ネギ
という、まずいというか、味の無いラーメンで、
それでも、若い頃は量が欲しいので、
半チャンラーメンをつい注文してしまい、
ラーメンの方は、とにかく腹に流し込んでました。

チャーハンは、まだマシだったんですが、
マスターが大分高齢だったので、時々、味付けの塩コショウを忘れ、
味無しの炒めごはんが出た時には、さすがに作り直してもらいましたが。


で、今回、何故、こんな話になったかと言うと、
つい先日、とあるスーパーでこんなPOPを見つけてしまったからで。

pop.JPG

売り物なのに、こんな表示で良いのでしょうか?
製造会社や卸している会社に対して、失礼すぎるのでは?
それとも、かなりヤバイルートからの仕入れなのでしょうか?

等々、考えてしまいました。

値段は画像から見切れてますが、
4人前で、198円位だったような。

買って試す勇気はありませんでした。

スイマセン。

この記事を書いた人

斉藤 一則

斉藤 一則(株式会社マイザ)

事業企画担当。
遊休地や低利用建物の効率化提案から賃貸管理・リフォームサポートまで、建築・不動産関係が専門。
旅行好き。

最近書いた記事

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • インフォメーションブログ
Page Up