四方山雑記帳

東北・宮城・仙台マーケットの小ネタ小ばなし

吾輩は猫ではない。
久慈琥珀博物館長である。

夏毛に変わる時分はむずがゆい。
この館には躰を擦り付けるに丁度良い柱というものがなく
砂場もなく、つるつるの床も、ふかふかの床も役に立たない。

或る日、シャチョーと呼ばれるニッタ某なる御仁の靴に
偶然ぶつかったところ、瞬時に背中の静電気失せ、
極めて心地よく冬毛を落とせることに気が付いた。

御仁は概ね朝しか館に来ないので、試しに学芸員女子の
パンプスで試してみたが、小さく・革薄く、某の靴に及ぶべくもない。

以来、某の通り路で待ち構えると、破顔一笑、どうぞと手招きし、
吾輩の放電・脱毛の儀を有難く受けるのである。

冬毛一巡。
涼しき夏毛の候、皆様いかがお過ごしか。
女子曰く、ニッタ某は、最近ブルーが懐かないとボヤくそう。

おかしいな、今まで俺だけに挨拶しに来たのに。
すごいですね、やっぱり猫もボスが誰か分かるんですね。
そうかなぁ、とニッタさん嬉しいそう。
今度、ブルーが好きそうな靴を買ってみます。

せっかくの新品に申し訳ないのだが、
吾輩は、あの馴染んだ靴がお気に入りなのである。

※野良出身の気高さ。うっかり荷台で昼寝して田園調布から久慈に着いたらしい。

DSCF4012.JPG

この記事を書いた人

大志田 典明

大志田 典明(ブレイントラスト&カンパニー株式会社)

マーケティングプロデューサー。
東北地域の中小企業支援をライフワークに、農・商・工の各分野で強い地域ブランドづくりに努める。

最近書いた記事

記事一覧

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • インフォメーションブログ
Page Up