四方山雑記帳

東北・宮城・仙台マーケットの小ネタ小ばなし

もう6回目ですね!
ホントに良く続いていると思います。

最初はイベント、次は恒例行事、今や名物風物詩。
震災の周年と同じ数だけ開催されている八戸ブイヤベースフェスタは、そうして
地域文化になるのかもしれません。

参加店を増やすのが目的ではなくて、続けることが目的。
3年前に話していた八戸ハマリレーションプロジェクトのハヤカリさんですが、今や
久慈・三沢へと広がって、全17店舗が三陸の魚介をブイヤベースの味に拵え
愉しませてくれます。

今宵、中でもお気に入りのBar SAUDEでポルトガルの田舎料理を頂戴します。
おっ!とテーブルあちこちで拍手歓声が沸いて、いよいよカタプラーナの登場。
この鍋ならではの濃厚な蒸上がりと芳醇なマディラの香りが、手づかみ・しゃぶ
らんとすべく、見目麗しい湯気に喝采してしまうのです。

海老・シュウリ貝・浅利・目抜・カスペ・鱈・緋烏賊・眼張の出汁は、調理法
は違えど世界の魚食民族が唸る後引きの旨さ。
そして、八戸ブイヤベースの2度おいしい法則・あとメシは、残りスープにタコと
マッシュルームで卵とじご飯。

うぁ、ご飯ツマミにワインお替りだね。
仙台から、ただただ食べるためだけに泊りがけ参上の面々。
地域と地域が直接交流する、東北暮らしの醍醐味です。

※もはや東北洋食。Bar SAUDEのカタプラーナにはmaias BRANCOで決まり。

DSCF4021.JPG

この記事を書いた人

大志田 典明

大志田 典明(ブレイントラスト&カンパニー株式会社)

マーケティングプロデューサー。
東北地域の中小企業支援をライフワークに、農・商・工の各分野で強い地域ブランドづくりに努める。

最近書いた記事

記事一覧

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • インフォメーションブログ
Page Up