黒ひげのモノローグ

口・健康・食・旅、歯科医のひとりごと

朝は肌寒くなりなりすっかり秋の装いです。今年は残り3ヶ月と早いもので残りわずかとなりました。先日当組合の松本真明様のご紹介で世嬉の一関造からいわて蔵ビールとシャンパンビアーを購入いたしました。いわて蔵ビールは3種類で皆とてもフルーティーで美味しかったです。シャンパンビアー(サムシングブルー)は藻からとった色素で作られたブルー色のビアーです。味わいはとても爽やかな感じでした。ブルーは誠実・純潔を意味しているとのことでブライダルプレゼントにいいとのことでした。ブライダルではありませんでしたが、秋の虫の鳴く音の中で妻とサムシングブルーでゆっくりとしたひと時を過ごさせていただきました。

3種類のいわて蔵ビール

IMG_4006.JPG

サムシングブルー

IMG_4003 のコピー.jpg

前回妊婦さんとお口の健康ということでお話ししましたが、今回は妊婦さんの歯科治療の留意点についてお話しをしたいと思います。

妊娠中の歯科治療は安定期(16週〜27週)に行うことが望ましくなります。産婦人科の先生に歯の治療をすることは事前に伝えた方がいいでしょう。

①レントゲン撮影 レントゲン撮影はお口の中の状態を診断するのにとても大切な検査です。歯科で撮影するレントゲン撮影は線量が低く、また顎や歯のみに照射するので鉛入りエプロンを装着すれば胎児への影響はほとんどありませんので心配ございません。

②歯科麻酔 歯科で使用する局所麻酔は主にキシロカインという薬剤を使用し、通常の使用料では胎児への影響はありません。無痛分娩に使われる薬剤もキシロカインです。

③薬の服用 歯科医院では原則として投薬はいたしません。痛みが強かったり、炎症が大きい場合は産婦人科医と相談して投薬することが必要となります。

妊娠中は胎児の成長に伴って様々な変化が生じます。妊娠中のお身体のリスクとして「妊娠高血圧症」「妊娠糖尿病」「妊娠貧血」などがあります。産婦人科でこのようなご指摘を受けている方は歯科を受診前に伝えることが必要です。

これまでお話ししたことが妊婦さんの歯科治療の留意点ですが、妊娠中に歯が痛くならないようその前にきちんと歯の治療をすることが重要です。定期的な口腔ケアーはお母さんのお身体にとって、そして生まれてくるお子さんにとって大切ですね。

ご参考なれば幸いです。

この記事を書いた人

柏崎 潤

柏崎 潤(旭ヶ丘ジュン歯科 )

歯科医師
美味しく食べること、体とお口の健康から地域歯科医療に努める
睡眠時無呼吸症候群の治療にも携わる

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • インフォメーションブログ
Page Up