トキの目

ミドルサーティーンの設計者、二児の父、男として、あらゆる事象に 私(トキ)の目を通して、想ったこと、考えたことを綴っていきます。

最近朝夕がめっきり涼しくなって、目には赤トンボ、耳には鈴虫の音と

すっかり秋めいて、もうすぐ令和元年の夏も終わってしまいますね。

ここで、私の夏休みの一幕をご紹介します。

お盆休みのとある一日、地域の町内会の盆踊りで出店で焼き鳥屋さん(1串50円)を

手伝うことになりまして、趣味のアウトドアで薪のかまどでピザを焼いたり、

炭火料理を振る舞うことが生きがいの私としては、

夕方5時開催のところを張り切って午後2時から炭火の準備を始めて

万全の体制で臨んだのでありました。

IMG_1614.JPG

盆踊り開始30分前、幅が120cmのU字溝の炭火にまんべんなく火が通り、

試し焼きを始めた午後4時30分、こおばしい香りに誘われて

近所の方々から、5本、10本とフライミングぎみのオーダーが入りまして、

「10本毎度あり~!」なんて、面白がって焼いてたのも最初のうち。

10本、20本のオーダーがじゃんじゃん入り、焼いても焼いても追いつかない事態。

なかでも、「一時間後に受け取りに来るから、それまでに60本お願い。」

なんてオーダーが・・・。

答えに窮していると、横から町内会長さんが、

「用意してあげなよ、焼き鳥屋さん!」と威勢の良い声が、

つられて私も「ハイ、毎度あり~」なんて答えたものの、

心の中では「俺は本職の焼き鳥屋じゃないよ~(泣)」

IMG_1615.JPG

その後も普段お世話になっている町内の皆々様へ、

せっせと一心不乱に焼き続け、一挙に60本のオーダーにも無事対応し、

手のひらに50円、100円握りしめ1本、2本と小さな子の可愛い注文に癒され、

なんやかんやで焼き続けること5時間、

盆踊り終演1時間前には用意した串が、めでたく完売!

焼きも焼いたり全部でなんと「700串!!」

お手伝いいただいた皆様、おいしく召し上がっていただいたお客様、

まことにありがとうございます。

町内会の重鎮からは「来年もまた頼むよ~」の声。

「より一層、腕を上げ精進して帰ってまいります。」と私。

本職は設計屋さんの一日焼き鳥店長なのでした。

この記事を書いた人

土岐 健一

土岐 健一(株式会社アサヒ建築設計事務所)

建築設計・監理担当
共同住宅、高齢者施設、旅館・ホテル、冠婚葬祭ホール、オフィス、 学校等と幅広い経験を持つオールラウンダー。

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • ほっとひといき!
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ
Page Up