仙台エリアマーク事業協同組合について

まちなか再生支援法人「仙台エリアマーク事業協同組合」は、不動産、マーケティング、印刷、旅行業、メディア、飲食、翻訳など、様々な分野の企業が集い、連携しながら「まち」の活性化を目指します。異なった分野においてそれぞれが多様なプロジェクトを手掛けているメンバーが集まっていますので、プランニングや調査といったプロジェクトのコンセプト、ベースに関わる部分から、実際の商品、サービス、イベントなどのアウトプットまでを手掛ける実動部隊としても動くことができます。シンクタンク(Think tank)ではないドゥタンク(Do tank)として具体的な変化・成果をもたらします。

ごあいさつ

松本 真明

代表理事 松本 真明

わたしたちは、まちなか再生支援法人《仙台エリマーク事業協同組合》です。地域活性を志し、東北の拠点・宮城県仙台市に創業した専門会社が連携し、各々の専門能力で地元企業を支援する異業種事業協同組合です。

従来型の再開発では、実体効果が見えにくい時代。大規模な面的開発だけでなく、地域に根ざした個々の店や拠点を大切に考え、街並の核として再生支援を目指すのがエリアマークです。

限られたヒト・モノ・カネ・トキで有効な事業推進にお悩みのかたは、どうぞわたしたちへお声がけください。

事例紹介

TRY6
TRY6/チャレンジ
ショップの運営
本格開業前に中心市街地で実践的機会を提供して「商人(あきんど)」を養成
仙台印刷工業団地の再開発支援
仙台印刷工業団地の
再開発支援
工業団地のブランディングをハードとソフトの両面から支援
東北ろっけんパーク 三陸復興応援ツアー
東北ろっけんパーク
三陸復興応援ツアー
仙台から被災地に伺い、「現地」「担い手」と直接交流を深め復興を応援する体感型ツアーをプロデュース

メンバー紹介

  • 土地開発担当
    松本 真明
    (株式会社マイザ)
  • 建築設計担当
    高橋 宏一
    (株式会社アサヒ建築設計事務所)
  • 商業企画担当
    大志田 典明
    (ブレイントラスト&カンパニー株式会社)
  • 情報製作担当
    針生 英一
    (ハリウコミュニケーションズ株式会社)
  • 消費開発担当
    稲葉 雅子
    (株式会社ゆいネット)
  • 地域交流担当
    稲葉 雅子
    (株式会社旅むすび)
  • 飲食開発担当
    杉山 健一
    (株式会社食むすび)
  • 調査分析担当
    大林 ゆき子
    (有限会社リアスコーポレーション)
  • 販促設計担当
    齋藤 高晴
    (コミューナ・トランスレーション・デザイン有限責任事業組合)
  • 口腔医療担当
    柏崎 潤
    (旭ヶ丘ジュン歯科)

よくあるご質問

Page Up