メンバーズブログ

四方山雑記帳

東北・宮城・仙台マーケットの小ネタ小ばなし

姉弟の出発

その界隈で、安くて満腹、美味しいと親しまれた蕎麦屋が畳んで久方。

心機一転、そば粉は会津の山都産に切り替えて、
ランチはせず、蕎麦好きが来る本物の店をやりたいと思います。

なかなか思案のしどころですね。
高級店にすれば、今まで通いの近隣客は減り、
蕎麦好き場所を選ばずとはいえ、住宅街の駐車3台は行きづらい。

しかして初志貫徹。会津の皆さんにも応援されて、
弟が打ち、姉が切り盛り、御袋さんも生き生き再登板の店内は、
開店三月を経ても口明け暫しで満席です。

ざるは生粉打ち、汁もの・ぶっかけは二八。
ランチはないけど、小天丼セット950円はお値打ち。
大盛はないけど、ざる二枚目半額も嬉し。

セットのぶっかけ二八は、+150円で十割せいろにできますよ。
パートさんのお運びも上手。
旧来の御年輩と、蕎麦好きの御新規さんが対角で啜る音の佳さ。

悩んで工夫して、走りながら考えて、
建物はリノベーション、クオリティはイノベーション、事業を承継・法人化。
小さいけれど堅い商売を、次代に繋ぐ二人に乾杯!

※旭ヶ丘つつみ庵。蕎麦前に、ぜひ鰊で一盃を。

DSCF8276.JPG

この記事を書いた人

大志田 典明

大志田 典明(ブレイントラスト&カンパニー株式会社)

マーケティングプロデューサー。
東北地域の中小企業支援をライフワークに、農・商・工の各分野で強い地域ブランドづくりに努める。

最近書いた記事

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ