四方山雑記帳

東北・宮城・仙台マーケットの小ネタ小ばなし

門松のもてなし

新年明けて、おめでたい松の内。
露天に綿雪、吐息も湯気の土湯です。

山あいの地も、聞けば震災で6軒半壊・5軒廃業の被災。
間もなく3.11.は8年前で、小学4年だった子も大学生の春になり、うっかり
忘れかけるものですが、ソ処コ処カシ処に復興への道程は続いています。

ニュー扇屋は、大女将・女将・若女将と親子3代が営む客室14の小さな宿。
フロント奥の床下に源泉湧き場があり、昭和の頃、大女将が籠を降ろして
土湯で初の温泉玉子を拵えたのが始まりで、今ではスモークからプリンまで
卵みやげの銘店です。

まずは、お湯上がりに一献。
では、ここはやっぱり福島路ビールで、目出度くレッドエールにいたしましょう。

本年、来年と、向かいに入浴施設・隣筋にコミュニティ施設が竣工するのを
機に、その集客だけに頼ることなく、自力リピーターづくりに取り組む決意の
女将も一口相伴。

お熱いうちにどうぞ。
若女将が運ぶ土瓶蒸しには、鮮やかな松の葉が添えてあります。

猪口に出汁を注げば、何とも佳き松と茸の香り。
これは嬉しい、見立ての松茸ですね。

いいえ、板場が取っておいた松茸ですよ。
凍らせて、正月の縁起碗にと秋口から考えていた料理長の意気と、
当たり前のように持て成す女将たちの粋。

ドッグ同泊OKの専用館あり、近くには3000坪の蜜蜂里山。
アクティビティも楽しみなanthor Japanのonly TOHOKUで、
もう一つの復興物語が始まります。

※玉子と里山蜂蜜のカフェも思案中。 土湯の三代女子力に乾杯!

DSCF5658.JPG

この記事を書いた人

大志田 典明

大志田 典明(ブレイントラスト&カンパニー株式会社)

マーケティングプロデューサー。
東北地域の中小企業支援をライフワークに、農・商・工の各分野で強い地域ブランドづくりに努める。

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • インフォメーションブログ
Page Up