なんだりかんだり観察記録

身の回りの出来事や人物の観察記録、好きな音楽など、なんだりかんだり書いていきます。

ということで、今回の道標は前回の「名掛丁・日吉丁」のナナメ向かいの「東五番丁・新伝馬町」。

道標?新伝馬町・東五番丁

新伝馬町は「しんてんまち」と読み、現在のクリスロード商店街のあたりになります。

江戸時代の使者や物資を運ぶための、馬を使った交通のシステムや、その馬自体を「伝馬」といい、その宿場がこの地におかれたことから、「新伝馬町」と呼ばれるようになったのが1600年代後半。

それが時代を経るにつれ、荷馬車等が集まり物資が集積されるようになり、この一帯が問屋街へと発展。

さらに時がながれて、現代の鉄道の整備により、そこにあった問屋街は現在の若林区の卸町(おろしまち)へと移転します。

そのあとに、一番町と仙台駅を繋ぐように現在の小売店が並ぶ商店街へと変わっていったようです。

まさしく仙台の商業の中心地の歴史をかたる場所と言えそうですね。

今は道標の近くには、たい焼き屋さんが店を構えており、常に仙台人が列を作っています。

たい焼き屋さん

この記事を書いた人

武藤 亮

武藤亮(仙台印刷工業団地協同組合)

調査役、事業開発担当。
店舗覆面調査が必殺技の調査実働部隊。
あまりにも影が薄いため、エリアマークのメンバーにすら存在を忘れられることもしばしば。
趣味は手ぬぐい収集。

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • インフォメーションブログ
Page Up