マクロの眼

プロジェクトエンジニアを僭称(?)中

(FB転載)仙台新港は燃えているかのナゾ

1971に開港し、既に45年以上が経過して間もなく半世紀を迎えようとするしているにもかかわらず、未だに港」という建設当時の通称が使われている「仙台新港」

ある雷を伴う雨の日、久々に終電新幹線やまびこ233号を、自宅マンション「王の丘」から見ることとができるほど早く帰宅することができたですよ。

ところが一瞬の稲光の後、仙台新港の方が赤く燃えている

それから数日間、その謎解きに精を出すことになったのでした。

2017年6月16日

【おい、いま何か爆発したぞ】
帰宅したところ、突然閃光が。
雷と思われますが、その後、塩釜・石巻の方角が赤く染まりました

フレアスタック19185646_311538192635386_4784538841270714368_n.mp4

はて、何が起こっています

フレアスタック19105995_1485859744786472_5599211499752834232_n.jpg

(M氏コメント)高速からは煙突から火が吹いてるように見えました。

(カサマコメント)なに、あれが新仙台火力発電所のフレアスタックだと?

ばかな、あんなに光っているの見たこと無いですぞ。ちゅうか、新仙台は石油じゃなくてLNGだから、フレアスタック出るかね?コンバインドガスタービンに不調でもあったか?

(1)アンゴルモアの大王
(2)北朝鮮によるICBM攻撃
(3)インディペンデンスデイ

(4)新仙台火力発電所の煙突から出ている火(フレアスタック)
さあ、どれだ!

正解はやはり(1)ではなからうかと。ノストラダムスの予言より、この世界線では18年ほど遅れたか。。。

(カサマ自己コメント)

あー、Twitterとかで火力発電所とかみなさん言っていますが、そういえば近くにJXTGの石油精製所がありましたな。震災で一度壊滅したやつや。
数年に一度全力で出すやつか。こんなに明るいとは。。。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/JXTGエネルギー仙台製油所

(そして翌日・・・)

2017年6月17日

【フレアスタック】
ビンゴ。
やはり昨日の推理通り、新仙台火力発電所ではなく、JXTGエネルギー仙台製油所のフレアスタックだった模様。
http://www.noe.jxtg-group.co.jp/.../.../local/pdf/umineko_72.pdf
Google先生の単純な検索では引っかからず、JXTGのページから辿ってようやく見つけたわい。

フレアスタック0001.jpg

製油所での定期全検の期間中、装置停止と起動時にフレアスタックが大きくなる模様。
結構長い期間のメンテナンスになるので、運転調整などでしばらく何回かあの大きなフレアスタックを観察できる見込み。

こりゃあ、もっと近づいての撮影に行かねば!

多分たくさんの問い合わせが消防やJXTGに来ているだろうから、Facebook広告とかで半径10km以内に告知するとか、あるいは一層の事、フレアスタックが大きくなる日に「フレアスタック見学説明会」とかイベントにしてしまい、工場萌えしたり地域の方のプラントのご理解の機会にするとか、広報の機会にしてもいいかもですね。

ご安全に!

(そして何やら画策を・・・)

2017年6月18日

【フレアスタックその2】
中山から仙台製油所方面を望む。
ここからもこれほど鮮明に見えるとは。

フレアスタック19224937_1487339231305190_811286327112778617_n.jpg
30分ぐらい観察していたのですが、常に明滅しながらも、時々大きくなったり、2つ目の煙突からも火球が出たりと、なかなか見ごたえが。

なんというか、この中山からの景色は天空から下界を観察している感があって、私の子供の頃の原点の景色の1つで、たまりませんな。

フレアスタック19145952_1487339237971856_396385043575627826_n.jpg

しかしこうやって見てみると、近くに見にいきたい衝動にかられ、時計を見るとまだ1930だから、ここから自転車まで向かえばほとんど下りだから(略

2017年6月25日

【フレアスタック その3】
先週土曜日、中山の天空から仙台製油所の炎(フレアスタック)を見た後、やはり近くでみたくなり、「好奇心のままに」そのまま自転車で向かうなど。
飛んで火に入るナントカ

フレアスタック19399349_1495412153831231_2988245242678956467_n.jpg

はるか遠くの自宅マンションや丘の上から見ていたものを、真っ暗な埠頭を彷徨いながら苦労して間近に接近できると、小さいながらもシンプルに感動と満足感がありますね。

フレアスタック19400121_1495413667164413_4852594209328521343_n.jpg

「好奇心のままに。」
少年の心を失わず、精神の若さを維持するというやつですね。本日を以って四十路に突入となりましたが、それをこれから10年の目標としたい。

何とも幼いことだが、家庭を持たぬ身軽な者ゆえの贅沢特権と心得たり。色々同時進行できるほど、私は器用ではないので。まったく不惑どころかむしろ、迷いを楽しむ境地へと達す。

フレアスタック19424094_1495419287163851_7437125221398989369_n.jpg

悪いなみんな、ここから先は私の特等席なんだ。

<補足>

「この目で見たい」というかなり原始的な好奇心は、あまり深い意味はないとかつては思っておりました。しかし最近、人類はそもそも「この目で見たい」好奇心DNAレベルで刻まれているのではないか?と思うようになったです。

というのも、7万年ほど前の「トバカタストロフ」により、現生人類(ホモサピエンス)は1万人程度まで減少して絶滅寸前になったらしいのですが、その後急速に「出アフリカ」を達成している。

<トバ・カタストロフ理論>

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%90%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%95%E7%90%86%E8%AB%96

たぶん人類にはその場にとどまって我慢するグループと、好奇心旺盛で色々なところに行ってしまうグループの二つがいて、トバカタストロフによる気候変動で、結果的には前者はその地で絶滅し、後者が様々な地域に分散することでリスクも分散され、1万人程度の群が生き残ったのではないかと。

つまり、現代の人類はそういう好奇心のおかげで生き残った者達の末裔なので、基本的には皆が一定の好奇心を持ちたがるDNAが残っているのだと思うのです。それが、無意識に生存戦略だと知っているから・・・。

その意味では、カサマは山の上から火を見て実際にそれを近くで見たくなって自転車で90分以上走るあたり、もしかして原始人に近いのやもしれぬ。などと、戯れに思うのでありました。

この記事を書いた人

笠間 建

笠間建 (コミューナ・トランスレーション・デザイン有限責任事業組合)

事業連携担当。
プロジェクトエンジニアを僭称(?)中。PEは本来は工場オペレーション用語ですが、調査分析・事業企画・計画・実行など、プロジェクト全般を広義に「エンジニアリング」してきたキャリアパスで、他に良い表現が見つからないので。2008年9月から2010年8月まで、社会人学生として東京で貧乏大学院生生活を送っていましたが、2010年9月に無事修了して仙台に戻ってきました。
趣味は自転車、旅行、写真。

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • ほっとひといき!
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ
Page Up