メンバーズブログ

建築と風景

建築的情報や地域の風景・イベントなどを紹介します。

ねじりほんにょ

■ねじりほんにょ

栗原市のイメージキャラクター「ねじりほんにょ」ですが、最近はほとんど田んぼで目にすることはありません。機械化により「コンバイン」で稲を刈り取り・脱穀し、「乾燥機」で乾燥させるため、自然乾燥米はほとんどありません。田んぼが狭いとか、山間だったりと大型機械での農作業が適さないところは、田んぼに「いなぐい(木製くい)」をたてて自然乾燥させます。

我が実家の田んぼは大型機械での作業ができないわけではありませんが、「自然乾燥」にこだわって今年も米づくりをしました。

ところが、今年は度重なる台風による雨と風の影響で、水の溜まった田んぼに刈り取った稲が「いなぐい」から飛ばされ、何度も干し直しました。その過程で、「ねじりほんにょ」になりました。実は「ねじりほんにょ」の組み方は、私自身は知りませんが、叔父さんが組み直して「ねじりほんよ」にしました。ねじりほんにょ.jpg(右下写真)

今年の新米は昨日「籾摺り」が終わ「玄米」になりましたが、まだ食べていません。「精米」してからやっとご飯が炊けます。今年の出来はどうでしょうか・・・?

この記事を書いた人

高橋 宏一

高橋 宏一(株式会社アサヒ建築設計事務所)

施設計画担当。
建築士として新築からコンバージョン・リフォームまで建物に関する専門知識を兼ね備えたベガサポ。

最近書いた記事

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ